2019-10-29

【JA兵庫六甲コラボ】ハート型で、栗のように甘い!「さんだくり南瓜」

皆さん、こんにちは。ろこぐるライターの山下です。。
私の秋の楽しみといえば、スーパーやコンビニで秋の限定お菓子を買うことです。南瓜のプリンや、サツマイモアイス、栗羊羹、とっても美味しいですよね。
もちろん六甲周辺も、美味しい秋の味覚が食べごろです。そこで、今回は、 三田市で栽培されている、「さんだくり南瓜」をご紹介します!

栗のように甘~い、「さんだくり南瓜」!

兵庫県南東部、六甲山地の北側に位置する三田市。農村と都市の2つの顔をもつ、自然豊かな町として知られています。山岳地帯に位置し、寒暖差が激しいことから、寒暖差を好む「南瓜」の優れた生産地としても知られています。

「さんだくり南瓜」は、一般的な南瓜よりも肉厚で糖度が高いのが特徴。まるで栗のような味わいが楽しめると、「さんだくり南瓜」と名付けられました。
二つに切ると、ハート型の断面と、鮮やかなオレンジ色が華やかです。
スープやサラダにあしらっても色取りが良く、スイーツなどにも使われています。

手をかけるからこその、品質の高さ

春の間大事に育てた苗は、5月頃に植え付けを行います。
苗が定着し、花を咲かせるまでの間、こまめに水を管理をしたりと、目が離せません。
花が咲きはじめたら、人工授粉が始まります。南瓜の花は早朝にしか開かないため、朝早くからの作業が必要になります。
「さんだくり南瓜」は、 3ケ月で2.5㎏程度にまで 成長します。 一つづつ丁寧に収穫された南瓜は、 すぐには出荷せず、風通しの良い冷暗所でしばらく風乾さ せ、追熟を行って、ようやく食卓にならびます。

野菜のプロが語る、「さんだくり南瓜」の魅力

「さんだくり南瓜」は、JA兵庫六甲さんだくり南瓜部会119戸の農家が4.7ヘクタールで栽培しています。

見た目にも華やかで、かわいらしい「さんだくり南瓜」ですが、日当たりが悪いときれいな形にならず、日が当たり過ぎると日焼けしてしまいます。植え付けに始まり、人口授粉、虫の防虫など、食卓にならぶまでかなりの手間暇を必要とします。

実は南瓜の収穫時期は夏。収穫した南瓜は、秋が深まるにつれどんどん追熟していきます。 秋から晩秋にかけては、特に甘い南瓜が楽しめるんです。
この「さんだ南瓜」も、収穫後しっかりと「追熟」させ、ベストな状態で出荷させています。今が食べごろの「さんだくり南瓜」を、ぜひ召し上がってみてください。

「さんだくり南瓜」を食べよう!

みずみずしい断面図

実際に、「 ファーマーズマーケット マチマルシェ御影 」に行って、「さんだくり南瓜」を購入してみました。

南瓜は、軸が太く 、皮の表面にツヤがあり、手に持った時にずっしりと重いのが、美味しい南瓜の条件。カットされている物は、肉厚で種がしっ かりと熟して膨らんでいるものを選ぶといいそうです。

ンジで簡単!「蒸し南瓜」

「さんだくり南瓜」が、本当に栗みたいに甘いの?と、気になったので、まずは「蒸し南瓜」で食べてみることにしました。

材料 100グラムあたり
南瓜 100グラム
塩 一つまみ
水 小さじ1杯

  1. 南瓜を一口大に切り分ける(お好みで皮を落とす)
  2. 切り分けた南瓜に塩をまぶし、10分ほど置いておく
  3. 水を南瓜に回しかけ、ふんわりラップをする
  4. 電子レンジで2分加熱したら完成

南瓜を電子レンジで温めただけなのに、こんなに甘いのかと驚くと思います。ほっくりほろっとした食感で、そのままでも十分美味しいです。
他にも、お醤油を一滴たらして、みたらしのようなあまじょっぱさを楽しんだり、フォークの背でつぶしてパンに乗せたりしても美味しいですよ。

残りの南瓜は、煮物にしようかなと思っていたんですが……。
今回は、素材の味を活かせる、パンプキンスープに挑戦してみたいと思います!

「簡単! パンプキンスープの作り方」

鮮やかな黄色が見た目にも華やか

材料(2人分)
南瓜 4分の1個
牛乳 200㎖l
水  50㎖
塩 2つまみ
パセリ(あれば)

  1. 南瓜を4分の1に切り分け、皮を落とし、一口大に切り分ける
  2. 鍋に南瓜と水を入れ、蒸し煮にする
  3. マッシャーや、フォークなどで南瓜をつぶミキサーに入れる
  4. 牛乳を分けて加えながら、なめらかになるまで撹拌する
  5. 鍋に3を入れて中火に熱し、塩を加えて味を調えます。
  6. 器に注ぎ、トッピングをのせて完成!

南瓜のスープを作るときって、一味足りなくて、コンソメやブイヨン、お砂糖などの調味料を足すことも多いと思うんですが、この「さんだくり南瓜」は、塩をぱらっと加えるだけで、味が決まります。

晩御飯は、南瓜のスープに、チキンソテー……と、献立を予定していましたが、このスープだけで満足してしまうくらい濃厚な味わいでした。
もう少し寒くなってきたら、南瓜のシチューやグラタンにも挑戦しようと思います!

さんだくり南瓜は、JA兵庫六甲の一部直売所や、関西のスーパーで販売されています。今が旬の「さんだくり南瓜」ぜひ、食べてみてくださいね。

【さんだくり南瓜を購入した、JA兵庫六甲の直売所はコチラ】

営業時間:月~日10:00~18:00
電話番号:078-858-6021
住所:兵庫県神戸市東灘区御影郡家1丁目14−8

関連記事