2019-10-09

1,000万ドルの夜景を見た後は、洋食バル「六甲道ヨウ」へ

そろそろ半袖だと肌寒く、秋らしくなってきましたね。
六甲山の紅葉や夜景を見に行こうと、計画を立ていらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。
もし、恋人と六甲山の夜景を楽しむなら、今日の記事は必見!
今回は、六甲山で夜景を見た後、食事やチョイ飲みにおススメの絶品洋食バルをご紹介したいと思います!

六甲道駅商店街、「六甲道ヨウ」へ

看板には立ち飲みと書いてあるが、店内には椅子が備え付けられている

六甲道駅から徒歩三分、 六甲本通商店街の『洋食バル「六甲道ヨウ」』にやってきました。
平日も16:00オープンと、比較的早い時間から開いているようです。
土・日は昼呑みもできるそう。休みの日に「六甲本通り商店街」を、ゆっくり散歩してもいいですね。

BGMにJAZZが流れている

コチラのお店は、今年の8月にオープンされたそうです。落ち着いた雰囲気の店内、常連の方が楽しそうに談笑していました。

※メニューは増税前のものです

手書きのメニューがびっしり。
200円くらいのアテから、お食事メニューまで様々。ガスパチョなどのスープや、アロスというお米料理もありました。うまく組み合わせると、フルコースが楽しめそうです。

まずは、生ビールで乾杯!! 生ビールが安いとそれだけで、ハッピーですよね? キンキンに冷えた生ビールが、歩き回ったカラダに染みわたります!

一品目に、ウフ・マヨを注文。見てください、卵の半熟加減!
フ・マヨは、ゆで卵に自家製のマヨネーズをかけたもの。フランスのカフェやビストロで前菜として出される定番料理。
少し甘めのマヨネーズが、半熟卵と絡んで絶品です!

ビールもいいけど、ハイボールにも合うよね♪ 
ということで、ハイボールを注文。ビールも、ハイボールも380円(増税前)とお値打ちなのが嬉しいです。

イチジクのフリット

沢山メニューがありすぎて迷ってしまうんですが、最後に「イチジクのフリット」を注文しました。
カリッとした衣と、トロットロのイチジク、そして甘酸っぱいバルサミコ酢の愛称が抜群! ハイボールや、ワインに合います!

メニューも豊富で、ついつい色んなものを食べたくなってしまいますよね。見た目にも華やかなメニューが多いので、女性の方も喜ぶのではないでしょうか。
これだけ飲んで食べて、お会計は1360円。リーズナブルなのも魅力の一つですね。

「六甲道ヨウ」・アクセス情報

営業時間:火~金 16:00~23:00(L.O.22:30)
     土・日・祝日13:00~23:00(L.O.22:30)
電話番号: 080-1523-1039
住所: 兵庫県神戸市灘区森後町2-2-12

関連記事