2019-11-18

昼も夜もハズせない、六甲高山植物園の紅葉

今年も、紅葉シーズンに入りましたね。
街の中では色づきはじめたばかりですが、
六甲山の山頂はひと足早く見ごろを迎えています。
六甲高山植物園でも木々たちがさまざな紅葉の姿を見せてくれています。

六甲高山植物園では、今しか体験できない
「夜の紅葉散策」や「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」も開催中。
昼も夜もハズせない植物園を楽しんできたのでレポートします!

いろどり豊か!まずはお昼の紅葉散策を

青空に映える日中の紅葉は、やっぱり見逃せませんね。
ということで、まずはお昼の紅葉散歩で、秋を満喫!

一本一本、色づき方が違っているのがおもしろい。

紅葉といえば、モミジ! 空を見上げてみると、こんな景色。

陽に照らされて輝くススキは、いつ見ても素敵ですね。

落ち葉を集めてみました

六甲高山植物園の魅力は、カエデ、ブナ、シロモジなど
いろんな種類の木々があって、それらの紅葉を一度に楽しめること。
足元に目を向けると、形も色も異なる落ち葉を見つけることができておもしろいですよ。いくつか集めてみました。まだ落ち葉になっていないものも写真に収めてみました。

いっぱい重なって落ちていました。誰かが集めたのかな?

紅葉とアートのコラボも見逃せない

六甲山では「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」が開催中。六甲高山植物園も会場のひとつになっています。紅葉の中では、また違った鑑賞ができて、アート好きには楽しみが増えます。

個人的に紅葉とのコラボが素敵だと思った作品をご紹介!

杉谷一考  「今はいるけど、またいなくなる」
山口典子 「六甲おろし従軍記」
(番外編)六甲高山植物園のアイドル、小便小僧もかわいくマントを羽織っています

そのほかにも、いろんな作品があるので、
紅葉の中でのアートとの出会いを、ぜひ楽しんでください。

夜の紅葉散策は、想像以上に良かった!!

お昼の紅葉散策で大満足。
でも、夜のライトアップを見逃したらもったいない!
思っていた以上に素晴らしい景色があって、ちょっと感動しました。

暗闇に浮かぶ幻想的な紅葉って、こんなに素敵だったんですね。

漆黒の水面に映るモミジ。昼間とは違って、こちらも良いですね〜

夜のアート展示や、作品のライトアップなど「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」も、めったにできないアート体験なのでお見逃しなく。

夜の紅葉散策&ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~は
11月24日(日)まで

【夜の紅葉散策&ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~】

  • 開催期間 
    • 開催中~11月24日(日)
  • 時間 
    • 月~木/17:00~18:30(18:00受付終了)    
    • 金土日祝/17:00~19:30(19:00受付終了) 
  • アクセス
    • 阪神「御影駅」・JR「六甲道駅」・阪急「六甲駅」から神戸市バス16系統・106系統で「六甲ケーブル下駅」。六甲ケーブルで「六甲山上駅」まで行き、六甲山上バスで「六甲高山植物園」下車。

※六甲高山植物園は、11月25日(月)以降 冬期休業に入ります。

土日は園内で、豚汁や肉まん、甘酒などが販売されています。
豚汁、おいしかった〜。あったまりました〜。

山頂は、平地より気温が下がます。特に夜はぐっと気温が下がるので、
寒さ対策もお忘れなく。ダウンぐらいあってもいいと思います。

The following two tabs change content below.
関連記事