2019-06-05

【有馬温泉で買いたい土産】炭酸せんべいは絵柄で選んでみてはいかが。

有馬温泉のおみやげの定番といえば「炭酸せんべい」。
でも、いろいろなメーカーさんが販売していて、どれを買うべきか迷います。
そんな時は、 せんべいの絵柄で選んでみるのもアリかも。
ひとつひとつ違いがあって、おもしろいですよ。
みなさんは、どの絵柄が好きですか。

※掲載順は、あいうえお順です。

有馬せんべい本舗

炭酸せんべいの起源ともいえる「炭酸泉」の言葉とともに、「桜」と「もみじ」の絵柄がかわいい。材料欄には、唯一「炭酸泉」とありました。

泉堂

こちらは「炭酸せんべい」ではなく「炭酸水せんべい」。中央の「タンサイ水」というカタカナが印象的です。

平野屋本舗

中央には「御幸煎餅」という言葉があり、炭酸せんべいに込めた想いが伝わってきます。

三津森本舗

カタカナの「タンサン」という文字が、いい味を出しています。下の絵柄は、おそらく炭酸泉源のお社ではないかと思います。

湯の里本舗

モダンな絵柄。紅葉で有名な有馬温泉を象徴するような「もみじ」とローマ字を組み合わせたデザインがおしゃれ。

湯之花堂本舗

温泉マークが印象的。「タンサン」という言葉が橋掛けのようになっている柔らかなデザイン。食感も柔らかでした。

こうして比べてみると、どれも個性的でおもしろいですね。それぞれの絵柄に、どんな作り手さんの想いが込められているのかを想像しながら味わうもの楽しいと思います。

The following two tabs change content below.
関連記事